社員インタビュー

STAFF INTERVIEW

他人事でなく、自分事で
考えられる組織をつくる

事業の基盤を支える導入・保守部門のリーダー
医用システム導入・保守部 H.K

転職に不安はなく、むしろ成長産業の将来性や展開に期待

自己紹介をお願いします。

修士課程を出て、新卒で独立行政法人に入りました。そこでは国立研究所や大学向けの公的な研究費のファンディング、研究評価などを行っておりました。新卒3年目の時にコンサルファームへ転職し、そこから複数社を経験しつつ、製造業や金融、不動産向けの成長/新規事業戦略策定・業務改善~ITデータガバナンスに関わる支援に携わってきました。そして2020年7月にドクターネットへ転職しました。

なぜドクターネットに入社しようと思ったのですか?

コンサル時代の先輩がドクターネットで働いていて誘われたのがきっかけです。その先輩はコンサルの時も一緒のプロジェクトで働いていましたし、信頼関係があったので検討しようと思いました。ドクターネットを紹介されて当社代表と話をした時、年齢も近くコンサルファーム出身というバックグランドも同じで一緒に働いてみたいと思い、転職を決めました。

コンサルファームから事業会社というだけでなく、未経験の医療系の会社に入るにあたって不安はなかったですか?

コンサルファームでの最後の方はヘルスケア系のPJに関わっていましたし、不安はなく、むしろ医療業界は成長産業でドクターネットの将来性や今後の展開にとてもワクワクしました。

現在、どんな業務を行っていますか?

部門長として仕事のアサイン管理、アウトプット管理や要員の労務管理を行っています。
またグループで上場して日が浅いこともあり、これまでの内部統制や業務管理のやり方を変えていかなければならず、部門内の業務効率化や他部門とのコミュニケーション、連携推進を積極的に行っています。
例えば、テクニカルサポートセンターで日々受ける問い合わせ対応フローの刷新を行ったり、営業部と連携し受注する案件を把握して受注した時に人が足らなくならないように、導入チームの業務や要員の需給予測と管理の制度設計を行ったりしています。

ドクターネットはどんな会社ですか?

入社前はベンチャー感がありスタートアップのような会社と思っていましたが、20年以上の歴史に基づき、積み重ねられてきたサービスエクセレンスがある会社だと思います。ここまでの数の読影医と自ら契約してサービスを提供しているのは、ドクターネットだけです。また最近新しい方がどんどん入ってきて、それが長く在籍している方とうまく混ざり、変化の途上にあるなとよく感じています。

自律的に考え業務を行える組織を目指して

入社してよかった点は?

自身でチームをもってマネージする経験ができ、組織や人材のマネジメントに自分事として取り組める点と、エンドユーザーや代理店さんとも接する機会もあり、手触り感をもってビジネスを進められる点がとても良いなと思っています。

逆にここは改善すべき、というところはありますか?

変化の途上にある、の裏返しで、部門間の役割や「このチームがこれをやる」というのが必ずしも決まっていないので、全ての業務を現場だけで自律的に行える組織にはまだなっていないかなとは思います。 それぞれチームの判断軸がしっかりしてくると、よりよい組織になると思います。

システム導入・保守部門はどんなことをしているのですか?

導入部門では、ドクターネットの基幹事業の遠隔読影サービスを支えるシステム(依頼を送る端末や読影医の先生が使うPC)の導入を行っています。それ以外ではPACS(医療用画像管理システム)も売っているので施設へのサーバーの設置・設定も行っています。
保守部門では、ユーザーがドクターネットシステムを使い始めたあとの技術的なサポート全般を行っています。
メンバーには100%内勤と100%外勤がいます。導入メンバーは全国を飛び回り施設を回って日々PCやモニター、サーバーを設置しています。テクニカルサポートメンバーは電話を受けるなど内勤業務に従事しています。 部門長としての管理の難しさは、人数が多く、扱っているのがシステムなので常にイレギュラーなことが起きることです。飛び込んでくるトラブルに臨機応変に対応できるか、またそのために日々人員にどれだけ余裕を見ておくかは常に考えています。

システム導入・保守部門にはどんな方が多いですか?

経歴は、ほかの医療機器メーカーでフィールドエンジニアをしていた方が多いです。他には電子カルテメーカーでシステム導入や保守をしていた方、病院の総務でITをやっていた方もいます。 テクニカルサポート部門だと金融機関出身者がいて、ドクターネット入社後にITの知識をつけた例もあります。

求める人材要件はいかがでしょう?

今お伝えしたような経験があると嬉しいですが、ITに関心があれば病院のことをわかっていなくても問題ないです。またシステムがWindowsなのでサーバーの動きやDB(データベース)を業務で取り扱ったことがある方は、医療業界の経験問わず活躍しやすいかと思います。
現在、ネットワークの知識のある方が社内に少ないので、それらの知識を持っている方だとより活躍しやすいかなと思います。

新しい展開のなか、共に手探りで作っていけるマインドを

どんな方に入社してほしいですか?

どんどん新しいサービスをリリースしていますし、病院業務も変化していく中で当社も新しいビジネスを手探りで模索しています。一緒に手探りで作っていけるマインドの方に入ってほしいし、実際そういった方が活躍しています。

今後どんな部署にしていきたいですか?

まずは当たり前のことを当たり前にできる部署にしたいです。
それぞれが高い意識をもって高い価値を出せるかというところを自律的に判断しながらも、積極的に案件に対して手をあげる人が増える組織にしたいです。

最後にドクターネットへ入社を考えている方にメッセージをお願いします。

現在、医療業界は非常に成長している産業です。地方の過疎化や高齢化が進んでいく中、専任の読影医がいる大きな病院にアクセスできない方々へ遠隔読影サービスを提供できる、という社会的意義を感じながら働くことができます。会社が1995年に創業して積み重ねてきたシェアだけでなく、読影医と自社で契約するモデルに特異性がありますし、将来性があり安定している会社かと思います。
一方、医療×テクノロジーという変化が激しい市場なので、新しいサービスや技術をどんどん取り入れています。
自身でも勉強し、新しいことに挑戦していきたい方はぜひドクターネットへお越しください!