社員インタビュー

STAFF INTERVIEW

お客様の声に耳を傾け、
一人でも多くの方へ
活躍の場を提供する。

サービスの成長を牽引する人材コンサルタント
営業部 人材紹介グループ R.K

人材コーディネーターの経験を活かして、医療業界へ転職

営業部の中でも人材紹介グループ所属ということで、まずは業務の内容を教えてください。

医師・放射線技師・臨床検査技師、これらの人材紹介における業務全般に携わっています。具体的には、求職者との面談・医療施設との求人内容のヒアリング・求人票の作成などがあります。「求職者」「医療施設」どちらともと対話をする両面型の営業ですね。

前職も人材派遣に携わっていたとのことですが、ドクターネットにはどういった経緯で転職されたのでしょうか?

卒業後は、幅広く事業を行っているホールディングス会社に新卒で入社しました。新規事業の人材派遣グループに配属され、初期立ち上げメンバーとしてコーディネーターを担当。 求職者との面談や、人材採用を考える企業の求人票の作成などがメインの仕事でしたね。
若いうちから様々な営業の経験を積みたいと考えていたので、転職サイトでドクターネットを知り、医療業界の人材紹介サービスに強く惹かれました!その時、ドクターネットの人材紹介グループは立ち上げて間もない時期だったので、私の前職で培った経験が活かせるのでは?と直感したのを覚えてます(笑)。

それは頼もしいですね。実際の選考面接はどんな感じでしたか?

医療業界は初めてだったので不安はありましたが、新規事業の立ち上げに貢献したという経験を活かしたいという思いを伝えました。面接をしていただいたグループ長も営業部長も、終始話しやすい雰囲気で進めてくださり、あまり緊張することなく、普段通りの自分を出すことが出来たと思います。話をしていくうちに、このお二方のもとで様々な経験を積んでいきたいと思い、入社を決意しました。

入社後の仕事や状況はいかがでしょうか?

入社後、まずは求職者面談を中心に業務を始めました。コロナ禍での入社だったため、すぐにリモートワークになり、わからないことも多くあったのですが、日々のグループMTGなどコミュニケーションの場を活かして積極的に疑問点をなくして、タスクをひとつずつ解決していきました。
業務に関しても、本当に必死でしたね(笑)。前職の経験をもとに出来ることもありましたが、やはり前職と異なる業種ということで、試行錯誤の繰り返しで…。業務量も多く、1日1日をやりきるのに必死でしたが、そのぶん入社前と比べて確実に成長できていると実感しています!

なるほど、具体的にはどんなところが成長したと思いますか?

正直まだまだ未熟ではありますが、「営業としてのマインド」は日々成長しているかと思います。前職では営業職ではなかったため、数字のノルマがあまりありませんでしたが、いまは日々のKPIなど数字を意識することがほとんどなので、「それらを達成するための責任感」はこれまで以上に感じています。

お客様の本音をひきだす本質的なコンサルティングを

今の仕事を進めるうえでのやりがい、仕事の魅力はどんなところですか?

そうですね。やはり、紹介先へ入職された方に「本当に川原さんには感謝しています」などのお声をいただけた時ですかね。
面談を通してリレーションを構築する。自分を信頼してくださって入職が決まる。そんな方々にそうした言葉をかけていただけると、この仕事をやっていて本当に良かったと感じます!
残念ながら私が紹介した先ではない所に入職されたとしても、「川原さんとお話したことで前向きに考えられました」とお声をいただけることもあります。
このような方たちと繋がれることが、この仕事の最大の魅力だと思います。

それは嬉しいですね。では、普段仕事をするうえで意識していることを教えてください。

「お客様のために何をしなければならないのか」を常に意識しています。上司にもよく言われますが、私たちは転職させ屋さんではないので、求職者の方が転職をしなくても、いま叶えたいことが叶う環境であると感じれば、ムリに転職をする必要はないのではないかと率直に伝えています。
お客様の本音を引き出して、表面的な支援でなく、本質的なキャリアコンサルティングを目指しています。
仕事に関しては、まだまだ色々なことを構築していく必要があると思います。とにかくスピード感を持って、前に進むしかないと思っています!そのうえで、求職者や医療施設のご担当者に信頼されるような人間としての魅力を今以上に磨いていきたいですね。

次に、ドクターネットについてお聞かせください。一緒に働く人たちはどんな方々ですか?どんなチーム編成で仕事をしていますか?

皆仕事とプライベートをしっかりと切り分けていて、メリハリをつけて日々業務に携わっています。1人1人、仕事の責任感を本当に強く持っていますね。私も負けないように日々必死にしがみついていますが、プライベートでは一緒にフットサルをやったり、と仲はとても良いと思います。
昨年10月より新たに2名の仲間が増え、グループとしては上長1名と私を含めて担当4名の5名体制で仕事をしています。基本的に上長以外の4名は全員、同様に求職者面談などの業務に携わっています。

自分の強みをチカラに医療業界へ貢献したい

では、ご自分の強みはどんなところだと思いますか?これからやりたいこと、将来的な目標を教えてください。

私の強みは「傾聴力」ではないかと思います。この仕事は話を聴くことが多いので、相手が率直な意見を言えるような雰囲気づくりや相槌などは、自分の最大の強みだと思ってます。
とにかくいまは、1人でも多くの方の転職をサポートしていくこと。それと同時に、立ち上げて間もない人材紹介グループを1日でも早く大きな組織にできるように貢献していきたいです。
もう少し余裕が出てきたら、マーケティング関連の業務にも携わってみたくて…。実は前職でも少し経験があるので、そのような経験も活かせればと考えています。

最後に、今後入社する方へのメッセージをお願いします。

大変なことも多いですが、ドクターネットの社員の方々は本当に良い方が多いので、分からないことや不安なことがあっても、すぐに手助けしてくれます。私もまだ入社して半年程度ですが、その点は強く感じています。また、医療業界ということで、社会への貢献度は本当に大きいと思いますので、一つ一つの業務のやりがいは他の業界と比べてもやはり違うかなと思います。
医療業界に貢献し、個人としても成長できる組織で、一緒にがんばりましょう!