社員インタビュー

STAFF INTERVIEW

世の中を医療分野から支え、
前向きに挑戦し続けていく。

主力サービスの開発を担う期待のエンジニア
システム統括部 システム開発グループ K.O

経験を重ね、高まった医療システム開発への思い

まずは、自己紹介をお願いします。

工学系の大学院を卒業後、3次元グラフィックス向けLSIを開発している会社に入社しました。3D系のプログラミングを行った後、医療向けの製品を作っているチームに希望して移りました。 医療用モニターの品質管理を行うソフトや医療用の画像ビューアーの開発に携わった後、より専門的な医療製品を開発したく転職しました。
2社目は医療画像の解析を行うソフト会社で、放射線技師や医師が機能解析をしたり、術前シミュレーションをしたりするソフトの開発を行いました。研究開発にも関わり、やりがいを感じていたのですが、エンジニアとして専門性が狭くなりすぎているとも思っていました。さらにソフト開発を行っていく内に『予防』や『早期発見』に興味が出てきて、「医療システムの開発をやりたい。」と転職を考えました。
もっと幅広くプロダクト全体を見られる仕事がいいなと思っていたところ、ドクターネットと縁があり、入社しました。

そもそもなぜエンジニアになろうと思ったのでしょうか?

小さいころからモノ作りが好きでした。プログラミングをしっかり学んだのは大学ですが、プログラミングに触れたのは小学生の時でした。家にPCがあって、よくわからないままコードを書いていたのですが、できたときは感動したことを覚えています。その感動がエンジニアを志したきっかけです。

前職も医療系ということですが、ドクターネットを選んだ理由は?

ドクターネットのことは、遠隔診断で有名なので結構前から知っていました。
入社理由としては、医療に関わるシステム開発をやりたいという大前提の中で、規模感があり、会社/事業が安定していること。また、私自身経験はなかったのですが、マネジメントをやっていきたいと考えており、面接をしていく中でマネジメントも経験できると伺ったので、入社を決めました。
余談ですが、オフィスがきれいなことも理由の一つです。

入ってみてよかった点は?

医療経験を活かしつつ、未経験の領域に挑戦させてくれる風土があることです。またエンジニアの採用にも関わっていて、とても良い経験だと思っています。開発メンバーはまだ少ないのですが、規模の割に開発スピードが速く、既存サービスを改善しつつプラスアルファの新規事業の開発を行っている点もスピード感がありとても良いなと思っています。あとは当社の代表が参加する開発MTGもあり、経営陣との距離が近いことも嬉しい点です。

プライベートは学習時間に。バランスの良い働き方を

現在の働き方を教えてください。

今は採用面接以外は100%在宅です。勤務時間は個々の裁量が大きく、私の場合は8時から17時を基本として働いています。エンジニアチームでも人によって働く時間はバラバラで、8時から始業の方もいれば10時からの方もいます。家族もおり私は残業はほぼせず、夜は自分のデータベースや英語学習の時間にあてています。

今後、自身のキャリアをどう考えていますか?

短期的には製品の改善を行いつつ、もう少し先を見据えた開発を行っていきたいです。キャリアとしては現在の小規模なマネジメントからいずれは全体を管理するPMを目指したいと考えています。

ドクターネットはどんな会社ですか?

手をあげればどんどんやりたいことにチャレンジできる会社です。もともと遠隔画像システムメインで入りましたが、ずっとやりたかったビューアーの開発に手をあげたところ任せてもらえることになりました。

どんな方がドクターネットに合うと思いますか?

今のメンバーは色々なバックグランドを持った方がいます。それぞれ専門性をもって業務を行っており、これまでの業界問わず新しい環境で挑戦したい方が合うと思います。

「医療業界未経験者」でも活躍できる会社です

医療業界未経験者でも活躍できる環境ですか?

はい、できると思います。当社の副社長が医師なので医療に関してヒアリングすることができますし、システムに関しては他の業務ソフトと同じ感覚で考えてもらうといいかなと思います。医療に関わる部分は医師がリードしてくれているので、そこは心配しなくて大丈夫です。また社内勉強会もあり、医療について学ぶ機会もあります。エンジニアとして経験を積んでいる方であれば全く心配する必要はないです。

最後にドクターネットへ入社を考えている方に一言お願いします。

コロナ禍で転職に対して心配や不安になっている方も多いと思います。自分もコロナ禍で入社し、始めは心配でしたが、毎朝のMTGやチャットツールのおかげで開発メンバーと馴染めています。
業務に関しては、ドクターネットでは製品開発の上流から下流まで経験することができます。自分も要件定義から実装まで行っており、幅広く技術を学べる環境だと思います。 スペシャリストとして技術を高めたい方、私のようにマネジメントに挑戦したい方のどちらにとっても良い環境かと思います。医療系以外からも新しい視点をもってチームに参加していただきたいです。 5年、10年先を見据えた製品開発を一緒にしていきましょう!