社員インタビュー

STAFF INTERVIEW

会社が目指すものを
デザインで表現していく、
そう考えるその先には。

成長企業の裏側を支えるインハウスデザイナー
管理部 Y.T

独学で学び、WEBデザイナーからディレクターへ

これまでのご経歴を教えてください。

一社目では広告代理店に就職し営業事務をやっていました。ただ大学在学中からWEBデザインを独学で学び、仕事にしていきたい想いがあったので実績を積むためにWEB制作会社に転職しました。 未経験ながらデザイナーとしてWEB制作業務に従事、ステップアップのため転職した後、前職のWEB制作会社ではディレクターを兼務することになりました。デザインを学んでいく中で上流に興味が出てきたこともあり、ディレクターにはとてもやりがいを感じていました。業務内容は、お客様への企画提案や要件定義、プロジェクト進行からデザインのローンチまで担当しました。
アパレルやEC、クリニック系など様々な業種で課題を抱えたお客様がおり、元々はWEB制作が入り口でしたが、お客様と関わっていく中でパンフレット制作やシステムのUI設計などの案件も受注し、自身で担当するようになりました。

そもそもデザインにはいつから興味を持ったのですか?

大学在学中に、アルバイトとして会計士などの士業向けサイトの運営会社に入社したことがきっかけです。代表から「ホームページ・ビルダーを触ってほしい」と言われ、触れたことからWEBデザインに興味を持ちました。 実は大学が美大だったので、デザインそのものには触れていたのですが、映像系だったのでWEBデザインについては一から独学で学びました。

ドクターネットへ入社を決めた理由を教えてください。

ドクターネットは当時勤めていた会社のクライアントだったのですが、ドクターネットの社員の方に誘っていただいたことがきっかけです。当時勤めていた会社では遠方への出張や夜間のクライアント対応などもあり、ちょうど子供が小学校に上がるタイミングだったことで、ワークライフバランスを整えたいと思い転職を考えていました。その時に誘っていただき、ドクターネットに対して私自身がどう貢献できるか、私に何ができるかを具体的にイメージ出来たことから入社を決めました。ドクターネットが「社会貢献性の高いビジネスモデルを持つ会社」だったことも大きいです。

クリエイティブの力で会社を内側から支えていきたい

現在の業務内容を教えてください。

主に販促/広告/広報の3つを担当しています。
具体的に、販促はサービスパンフレットのデザイン・発注、営業促進用の資料作成、(現在はコロナの影響で出展を控えていますが)展示会のプロジェクトマネジメントなどを、キックオフから業者選定・内容の施策・プロジェクトの予算管理まで行っています。
広告は、広告媒体調査・出稿データ作成・進行管理を担当しています。3年ほど前のコーポレートサイトのリニューアルにも、主担当として携わりました。リリース後は改善施策やバナーの制作を中心にWEB施策に携わっています。
また、管理部に所属しているので、総務周りの業務も行いつつ社内掲示物の作成や社員向けの動画制作なども行っています。変わったところだと社員総会の司会進行もやりましたね。頼まれれば何でもやります!

ドクターネットでのやりがいを教えてください。

デザインの内製化やクリエイティブ業務の力で、いろいろな方向から会社を支えられていることです。3年前に私が入社したことでデザインの内製化が始まり、ここ最近で定着化できたことが、更なるやりがいに繋がっています。デザインの内製化は「コスト削減」「リードタイム短縮」「メンテナンスを外注せず行える」ことがメリットだと思います。これを常に意識して業務に集中することがやりがいでもあり、目標でもあります。

逆に仕事で辛いと感じるときはどんな時ですか?

目指すものをデザインで再現する力と技術をもっている、と信頼してもらえるようになりたいです。それがまだまだ足りていないと感じるときがありますね。
いいプロダクトを作り上げるにはコミュニケーションが最重要だと考えてます。依頼者側が同じ認識でなくコミュニケーション不足でリテイクが重なると、自身の力の及ばなさを感じます。

一日の仕事の流れを教えてください。

現在はテレワークを基本としており、朝9時には業務を開始し、毎日9時30分からチームで朝会を行っています。その日の進捗報告やスケジュール共有・相談事等を共有しています。その後、午前中はメールの返信や市場調査を行い、制作業務に取り掛かっています。午後は打合せや外注先へレビューを返すなどして、毎日だいたい18時半頃には業務を終えるようにしています。

女性ならではの働きやすさや困ったことはありますか?

困ったことは特にないですね。
ドクターネットの良いところの一つとして、性別を問わず意見交換をできる社風があると思います。男性だから、女性だから、ということが色濃く出る会社もあると思いますが、ドクターネットに入社してから意識したことは一度もないです。女性も責任をもって仕事しているということ、男性も女性を尊重していることが実感としてあります。
また、育休や産休制度もしっかり整っており、女性にとって働きやすい環境かと思います。

ドクターネットは性別にとらわれない働き方ができる会社

ドクターネットの魅力はどこにあると思いますか?

やはりビジネスモデルですね。他社の参入障壁が高いビジネスモデルのため、安定した働き方ができると思います。また、社会貢献性が高いので、自分の子供に会社のことを胸張って説明できることも魅力に感じています。

日々の業務の中で心がけていることは何かありますか?

広告では多種多様なメディアへ出稿しているので、それぞれの特性を早期にキャッチアップすることを心がけています。ただ、自社を熟知していないとその特性を活かせない、と思っているので、自社のことを知り続けながら各媒体の特性や特徴を日々アップデートすることを意識しています。

今後のキャリアプランを教えてください

今後社員が増えた際に組織として一体感をもった形にしていきたいので、今やっていることを属人化せず仕組み化できるようにしていきたいです。また、私自身がドクターネットで培ってきたものを新しく入社する方に伝えて、それをベースにその方自身の経験に積み重ねられるような、そんなチーム作りを目指したいと思います。

ドクターネットで働くのに向いているのはどんな人だと思いますか?

自身で考え主体的に動いていける方が向いていると思います。
「ドクターネットで経験を積みたい」という方はもちろん「これまで培ってきた経験をドクターネットで活かす」という気概を持った方にも入ってきてほしいです。
自分から仕事を見つけて解決していくことがどこの部署にいても必要だと思うので、それを楽しんでやれる方が向いているかなと思います。

最後にドクターネットの選考を考えている方にメッセージをお願いします。

働いている方の責任感の強さや人の良さは太鼓判を押せる会社です。
また、小さなお子さんがいる社員にも理解を示してくれる会社だと思います。なかなか応募に踏み切れないという方も、自分自身の糧になる会社だと思うので、ぜひ応募してみてください。