社員インタビュー

STAFF INTERVIEW

画一的でないからこそ、
新しい技術を吸収できる。
これが当社の査読技師の強み

サ-ビス統括部 査読センター K.I

根底にあるのは医療を通じた「奉仕の想い」

これまでのご経歴を教えてください。

専門学校を卒業後、複数の病院を経て約3年前にドクターネットへ入社しました。総合病院では検査や救急業務も行い、巡回検診では栃木県内を回っていました。CT, MRIはもちろん、一般撮影やDR検査、OPE室業務なども行っていました。

ドクターネットでの業務内容を教えてください。

主に査読というレポートの品質管理をしています。それ以外では、契約施設様の質問への回答やコードレポートのチェック、テスト読影の対応をしています。

放射線技師になろうと思った理由を教えてください。

元々医療業界で働きたいと思っていました。少しでも辛さや痛みを抱えている方を助けるために自分になにができるかを調べたときに「放射線技師」という仕事を知りました。また私自身、PCを触ることも好きだったので機械に触る、かつ医療の世界で患者さんの手助けができる点から放射線技師になろうと思いました。

ドクターネットで働こうと思った理由を教えてください。

元々ドクターネットのシステムを勤務先で使っていたのですが、ドクターネットで放射線技師が働いているということは知りませんでした。当時勤務していた病院の営業担当の方に転職を考えている旨を伝えたところドクターネットを紹介されて、放射線技師の輝ける場所があることを知り働きたいと思いました。

「査読技師」という仕事に興味を持ってもらえたら嬉しい

これまでの「放射線技師」からドクターネットでの「査読技師」になるにあたり不安はありましたか?

環境が変わることや放射線技師のメイン業務である撮影業務から離れることに対して不安はありました。家族や周りからも、撮影業務から離れることについてとても心配されました。ですが、そういった業務にも元々興味はありましたし、放射線技師は病院以外にも健診施設や一般企業ではアプリケーションスペシャリストとして働くこともあるので、前向きに捉えていました。

転職前後での査読業務に対するイメージを教えてください。

勤務した病院では撮影業務をしていましたが、画像診断に関わっていたわけではないので、実際に査読をするにあたって自分がどれくらい力になれるのか、どれくらいのパフォーマンスを出せるのか不安でした。ただ、入社してみて、他に査読をしているメンバーもいて手厚くサポートしてくれたこともあり入社前の不安はすぐになくなりました。いまだに「これが正しいのか?」と思うこともありますが、その際はすぐメンバーに確認するようにしています。

ドクターネットの査読技師として仕事のやりがいを教えてください。

ドクターネットは全国から検査画像が集まってくるので間接的ではありますが、患者さんの手助けをできておりそれが大きなやりがいです。また、医療知識を持っているのが社内には医師か放射線技師しかいないので、医療に関する相談を受けたときに「ありがとう」と言われたときはとても嬉しいです。

ドクターネットに入社して苦労したことを教えてください。

病院での働き方から大きく変わったのでその点は少し苦労しました。病院は患者さんと関わったり当直などがありましたが、転職後は基本的にモニターと向き合うことが多くなったりと、働き方は大きく変わりました。

ドクターネットの魅力を教えてください。

プライベートが充実していることです。病院だと土日も出勤になることが多いですが、ドクターネットでは土日が基本的に休めるので、オンオフのメリハリがつきました。放射線技師は現場で働く仕事なのでテレワークは基本的にない職種ですが、ドクターネットではテレワークで働けるのも魅力の一つです。

宇都宮事業所の魅力を教えてください。

みんな明るくて社交的なところです。また、全員で物事を前に進めようとする文化があります。例えば施設への返却期限が迫っている時は、全員で同じ方向を向いて走りきるところが個人的に好きですし、宇都宮事業所の魅力だと思います。

よりたくさんの「ありがとう」をもらえたら

一日の仕事の流れを教えてください。

3シフトありますが、早番の場合8:30に出社して午前中は査読業務をします。その後、昼休憩を挟んで14時以降は査読や打ち合わせ、質問やトラブル対応、メンバーの管理業務を行っています。早番の日は17:30頃には業務を終えています。

日々の業務の中で心がけていることを教えてください。

見落としなく査読することです。また、全メンバーと顔を合わせて仕事をしているわけではないので、誤った伝わり方がないよう連絡には気を遣っています。そして普段顔を合わせないからこそ、顔を合わせたときにはコミュニケーションをしっかりとるようにしています。

ご自身の強みを教えてください。

他の放射線技師と比べても画像を見ている枚数がかなり多いことです。各病院では画像の撮り方が決まっていることもあり画一化されると思いますが、ドクターネットの場合は、全国のあらゆる病院から画像を預かるので「こんなやり方があったんだ」や「こういう撮り方があったんだ」と新しい技術を吸収することができます。全国にいる放射線技師と比べてもこれだけ画像を見ている技師はいないと思います。

今後のキャリアプランを教えてください。

マネジメント力をより高めて査読技師としてだけでなく、管理業務もできるようになりたいです。そしてチームだけでなく、会社全体を大きくしていきたいです。

ドクターネットに入社を考えている方にメッセージをお願いします。

働き方は変わりますが、忙しい中でもプライベートと仕事のオンオフをつけることができ、査読技師は非常に面白い業務だと思います。
画像診断に興味があり、画像を突き詰めたい方にはとても良い職場環境だと思います。業務内容が分かりづらく二の足を踏む方もいると思いますが、業務内容を知っていただき、興味を持ってもらえたらとても嬉しいです。