株式会社ドクターネット

AI RAD

画像診断をアシストする
人工知能エンジンプラットフォーム

AI-RAD

「AI-RAD」は日本初の人工知能エンジンプラットフォームです。
複数の人工知能エンジンと医療施設・放射線診断専門医を遠隔でつなぐことで、画像診断をアシストします。
遠隔画像診断支援サービスのリーディングカンパニーとして、
700超の医療施設での利用実績・年間120万超の症例数・500人超の契約読影医をもつ強みを活かし、
画像診断の新しい未来を支える基盤を提供してまいります。

AI-RAD

AI-RADの3つの特長

  1. 複数社エンジンの一括利用で、
    広範囲の部位・モダリティに対応

    ドクターネットのサーバー内に複数社のエンジンを格納、画像の種別に応じて最適なエンジンを適用します。AI-RADを利用することにより、医療機関は複数社のエンジンを一括契約・利用でき、部位・モダリティのカバー範囲が一気に広がります。
    複数社エンジンのインターフェースを統一化することにより、シームレスな読影を可能にします。

  2. エンジン精度・実用性を
    客観的に評価

    人工知能エンジンの精度はドクターネットがユーザー目線で客観的に評価し、ドクターネット社内の査読センターにおいても、一定期間、エンジンの実用性を検証します。上記の独自評価プロセスを経た人工知能エンジンのみをAI-RADのプラットフォームに搭載することで、エンジンの質を担保します。また、エンジン開発会社と共同で、精度向上に向けた研究開発やエンジンの対応部位・モダリティに向けた取り組みも行います。

  3. 既存の院内システムと連携

    既存の院内システムと人工知能エンジンは、ドクターネットの遠隔読影端末を介して連携します。新しいモダリティ・PACS等の導入は必要ありません。もちろん、既存サービス同様、セキュリティ対策も万全です。

今後のサービス展開

ドクターネットの既存サービス「Tele-RAD(テレ・ラド)」「Virtual-RAD(ヴァーチャル・ラド)」と組み合わせ、遠隔画像診断支援のトータルソリューション提供を目指します。

AI-RAD
開く AI-RAD
AI-RAD